試験対策に講座利用

公認会計士の国家試験は難しく、また長い道のりになります。
講座公認会計士試験の合格を目指すには、3000~5000時間の勉強時間が必要と言われていますので、やみくもに勉強するだけではとうてい合格できる試験ではないことがお分かりになると思います。
現役の学生でさえ、1~4年間の勉強をして合格する試験ですので、独学での合格は現実的ではないと考えて良いでしょう。

つまり、ポイントを押さえた効率的な勉強、最新情報を取り入れたテキスト等が必要になりますので、試験対策が重要になってきます。
そこでお勧めの勉強方法に、資格の大原が行っているような公認会計士の講座があります。

資格の大原では、実際に教壇に立つ講師が、毎年の試験出題傾向を考慮したテキストを作成しています。講義での使いやすさはもちろん、自習での使いやすさをも考慮した大原のオリジナル教材は、まさに試験合格のための必須アイテムです。 問題に関しても、過去の出題分析に基づき、毎年新たに作成した問題ですので、本試験問題に対応できるように時期別に適切なレベルの問題でアウトプットのトレーニングができます。

公認会計士講座とは、社会人向けに提供されている、効率的かつ有効なカリキュラムであり、時間のない人でも、DVDや動画を活用したり、オンラインを使って先生に質問できる、大変便利な講座です。時間のない人にとって、効率的に試験対策をすることが、試験合格の為の重要なポイントになります。そこをふまえて独自に作られたテキストや授業となっていますので、日中忙しくて勉強できないという社会人の方でも、モチベーションを上げて参加することができます。今からでも国家試験という難関に挑もうとされる方は、ぜひ一度資料請求をされてみてはいかがでしょうか。大変お勧めの講座になります。