公認会計士の仕事とは

公認会計士になる為には、国家試験に合格しなければいけません。その試験は司法試験に並ぶほど難関とされており、毎年大勢の方がその難関にチャレンジしています。そもそも、公認会計士の資格をとると、どのような仕事に就くことができるのでしょうか。公認会計士に興味をお持ちの方、これから時間をかけてキャリアアップを目指す方に、改めて公認会計士の仕事について紹介したいと思います。

公認会計士公認会計士とは、主な業務として「監査」を行っています。監査とは聞き慣れない仕事ですが、大企業や証券取引所に上場している企業について、法律に基づいた経営がされているかどうかのチェック機能として、監査という大切な役割を担っています。企業側は、監査を受けることを義務付けられており、第三者の立場から、公認会計士が監査を行っています。企業の収入、支出を記載した財務書類を調べてチェックし、内容について偽りやミスがないか、徹底的に調べ上げます。

こういった監査業務は、企業の健全な経営状態の確認、及び、粉飾決済を防ぐことに繋がっています。粉飾決算を防ぐことで、投資家の安全な経済活動の環境を守り、市場の混乱を防いでいます。

監査とは、このように、日本の経済活動において欠かせない存在ではありますが、あまり表立った活動ではない為に、あまりその仕事について知られていません。監査以外にも、その専門知識を生かした活躍の場は広がっています。ここでは、公認会計士になる為の試験、その勉強方法等について說明します。